別荘、ショップ、家の建築設計をご検討の方、移住して癒しの生活を満喫したい方、沖縄県宮古島市の設計なら一級建築士事務所アトリエラインにお任せください!

TEL: 0980-72-5535

一級建築士事務所アトリエラインへのお問い合わせはこちらです。お気軽にどうぞ!

宮古島ブルーの海を臨む絶好のロケーションに建つリゾート感覚の家

最新の情報はこちらをチェック

アトリエラインからのお知らせ

沖縄県宮古島市の宮古ブルーの海によせて

本日の宮古島♦10月7日(水)
晴れ 気温30℃ 北の風 波3メートル

宮古島産バナナをいただきました。熟すまでつるしておく光景と、甘酸っぱい香り豊かな味が妻は大好きだそうです。朝はヨーグルト、晩は食後のラッシーに。これを食べると輸入のバナナは食べられないですね。

  • BS朝日「突撃! 隣のスゴイ家」1時間たっぷり弊社事務所兼自宅内部や宮古島生活をご紹介!

  • 2020年。新年あけましておめでとうございます。本年も一級建築士事務所アトリエラインをよろしくお願いいたします。

アトリエラインの理念『時間』『親身』『丁寧』『新鮮』

全て基本的なこと。なのに、意匠と機能性との擦り合わせを考えているうちに、納期や予算を気にしているうちに、いつの間にか見失いがちなことです。"全ての仕事のベースはここに。"その上に、アイテムをコツコツと積み上げてゆく。それがアトリエラインの姿勢です。

時間

アトリエラインはお客様とひとつのテーブルでお話する時間を大切にしています。お客様のイメージに、設計という立場からきちんと形をつけ、名前をつけ、客観性をつける。ひとつのテーブルを囲んだこの時間を、お客様から大切な想いを引き出すチャンスと位置づけ、時間をかけてお客様の夢に向き合いたいと考えています。

宮古島での生活、間取り、動線、家族。時間をかけてお客様と話し合い、夢を形にします。

宮古島での幸せな暮らしをイメージしながら、お客様の立場に立って設計します。

親身

入学。卒業。社会への旅立ち。命の誕生と別れ。・・・人生の様々なシーンにおいて、特別な想いを胸に帰る場所。特別ではない日々の営みの中にだって、心に刻まれるかけがえのない出来事がある。アトリエラインはお客様の立場に立ち、経年による家族の形態の変化から、暮らしの中での小さなきらめきまで、広い視点でイメージを広げながら設計します。

丁寧

建物を育てる気持ち。図面の中で育てた建物が大地の上で日々命を吹き込まれてゆく。その過程において、目に見える仕上げの美しさだけにとらわれることなく、建物の本質である、構造体や下地などの”目に見えない”部分にこだわりたい。アトリエラインは、常に現場に足を運び、厳しい目を持って建物の成長を見守ってゆきたいと考えます。

アトリエラインは建築の現場に足を運びます。いつも建物を育てる気持ちを忘れません。

アトリエラインは既存のアイデアに頼らず、常に新しい切り口で設計のアイデアを模索します。

新鮮

階段というパーツはフロアを繋ぐだけのもの?柱は建物を支えるだけのもの?アトリエラインは、まず既存の概念に疑問符をつけてみます。そして、その”?”こそが、そのパーツが持つ新たな可能性を見出し、そこから生まれたアイデアがお客様のニーズへと繋がると考えています。

お話しましょう!