一級建築士事務所アトリエライン事務所兼自宅の各部屋隅々までテレビで取り上げられました。宮古島移住暮らしの様子も紹介されています。

TEL: 0980-72-5535

一級建築士事務所アトリエラインへのお問い合わせはこちらです。お気軽にどうぞ!

アトリエラインがメディアに紹介されました

一部ご紹介します。

BSテレビ東京「突撃! 隣のスゴイ家」
宮古島の青い海・夫婦の笑顔が詰まったスゴイ家  

元宝塚の遼河はるひさんとアンガールズの山根さんが我が家を取材! アトリエラインの事務所兼自宅の隅々まで紹介していただきました! 一緒にオープンカーで宮古島をドライブしたり買い物したりお料理したり…最後は夕陽を眺めながらの沖縄料理と、楽しい取材になりました。愛犬ミースの散歩にもご一緒しましたよ! 

  • 愛車のオープンカー撮影風景
    ▴愛車とともに暮らすガレージライフ
  • 抱え込みの海撮影風景
    ▴宮古ブルー抱え込みの家
  • 沖縄料理に舌鼓
    ▴波音のBGMでいただく沖縄料理
  • 愛犬ミース
    ▴撮影の様子に興味津々な愛犬ミース

テレビ朝日「住宅のぞき見スタディ で、この家いくら!?」
宮古島など憧れの物件を手に入れた方の暮らし

アトリエラインの事務所兼自宅をご紹介。

  • 宮古ブルーを眺めながらのアウトバス
    ▴ねこ脚のバスタブはテラスに置けば露天風呂!

沖縄建設新聞

沖縄建設新聞に寄稿したコラムです沖縄建設新聞

沖縄建設新聞

子供の足では小走りをしないと気持ちに追いつかない。がんばれ、ポストまであと少し。

ずっしりと重い日曜日の新聞に、目指すモノがちらりと見える。テカテカのコート紙だからすぐわかるのだ。いそいそと選別をして、イラナイモノは母親に渡した。ちょっとあきれたような嬉しそうな顔で「ありがとう」母親が言う。

間取り幼児・徹のめざすモノ、それはマンションや一戸建ての広告だった。

秀麗なフォントに彩られたピカピカの建物! 家族団らんの写真! そのようなものに心躍らせていました…と言うとスムーズにこのコラムの趣旨となるのだが、あにはからんや。「せまっ」「住みにくそうやな…」「収納足りないやん」それが、幼い少年の胃の少し上あたりをツーンと突き動かすエネルギーとなっていたのだから、我が事ながらあきれる。

かばうわけではないが、これも一つの愛の形。そして、出会いの形。少年は小学校入学の日に、将来なにになるのかの問いに、ちゃんと「大工さん」と答えている。それが証拠だ。

そんな少年は、今、大阪からはるか1,400キロの宮古島で潮風を受け、お客様の選んだ土地に立っている。あの情熱を形にして、だれかを喜ばせる手段を手に入れ、真っ白なキャンバスに一本の線を引くことに、脅威と甘やかな胃痛を感じながら。もちろん、幼少の自分につっこみを入れられないように細心の注意も払っている。

ここ数年、世界の名建築を巡るツアーに参加し、ミース、コルビジェ、ライト、ルイスカーンと、名だたる建築家たちの作品を、その情熱と共に五感で吸い込んできた。最近では、スリランカに赴き、ジェフリー・バワの圧倒的な世界観に身を投じてきた。体中を引き出しにして臨んだ旅は、スリランカと似た気候を持つ沖縄で必ず生かしてやろうと思っている。

なんてすばらしい仕事だ!

頑丈なフレームに好きな形の空間をぶら下げればそれが住まいになる。そんな未来には、建築士とそうでない人との境界は曖昧になるかもしれない。そのような中で、唯一無二のラインをキャンバスに引くことができるか。それが私達建築士に求められる資質なのだ。

内覧できます!